Markdownを使う

Markdownを使い魅力的なセミナーページを作成することができます。セミナー編集画面の詳細入力フォームで使うことが出来ます。

Markdownとは

Markdown(マークダウン)とは、デジタル文章の書き方です。簡単なルールにしたがうことで、箇条書きや見出しなどを活用しながら、より読みやすい文章をWeb上で表示させることができます。
左の書き方をすることにより、右のように表示されます。
 ⇒ 

 

Markdownの書き方

  • 見出し
    文頭に半角の#(シャープ記号)をつけます。#の数によって、順に文字サイズが決定されます。#の数が少ない方が文字サイズは大きくなります。

    # 講師の紹介
    ## ●●先生

    ↓Webページ上の表示

 

  • 箇条書き
    行頭に-(半角ハイフン)をつけることで、箇条書きになります。また、数字を振ると、番号付きの箇条書きになります。

    - 〇〇大学卒業
    - △△病院 院長

    ↓Web ページ上の表示

    1. Vektol内で【参加する】ボタンをクリックしてください。
    2. 該当するチケットを選択し、申込みを完了させてください。
    3. お申込み後、3日以内にお支払い方法を『メール』にてご案内いたします。

    ↓Web ページ上の表示

 

  • リンクを貼る
    半角の[ ](角カッコ)で、リンクしたい文字を囲います。その直後の半角( )(丸カッコ)の中にURLを書きます。

    [事前資料のダウンロードはこちら!](https://vektol.net/)

    ↓Webページ上の表示

 

  • 文字を強調する
    文字や文章を、半角の`(バッククオート1つ)で挟むことで赤文字に、半角の`(バッククオート3つ)で挟むことで複数行を緑文字にすることが出来ます。オンラインセミナーです。

    • 半角の`(バッククオート1つ)
      今回は`動物看護師も実習に参加可能`です。

      ↓Web ページ上の表示

    • 半角の`(バッククオート3つ)
      ```
      お問い合わせはこちら:xxxxx@xxx.xxx.jp
      ```
      

      ↓Web ページ上の表示

 

  • 画像や写真を文中に追加する
    <img src=”【画像URL】” width=【サイズ】>で画像を追加することができます。widthは%で記載します。また、画像データがWeb上に公開されてない場合は、DropboxやGoogleドライブ等のアプリを利用し、画像をWeb上に公開することできます。公開方法は、アプリを使って画像を公開するを確認してください。
    <img src="https://drive.google.com/uc?export=view&id=1wvSRj8e1gc1rwLeI51Cf_bw5b8f-oe71" width=20%>

    ↓Web ページ上の表示

 

  • 表を追加する
    | Left align       |       Right align |    Center align    |
    |:-----------------|------------------:|:------------------:|
    | This             |              This |        This        |
    | column           |            column |       column       |
    | will             |              will |        will        |
    | be               |                be |         be         |
    | left             |             right |       center       |
    | aligned          |           aligned |      aligned       |